その気になるのがみやざき上陸後だった場合。

宮崎県の食、環境、海、人、すべてに惚れ込み、ログを残すために始めた宮崎ラブログ。


<< '2014 ブラックモンブラン(小) | main | [日之影町]TR列車の宿 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
[高千穂町]国見ヶ丘
写真が少ない少ない少ない少ない少ない!!と探してたら....
ちゃんとiPadの中にあった。目では見えているのに脳みそが情報を認識してない。
びっくりするわー。


国見ヶ丘。
ようやく初訪問だった。雲海がすごいのだという。

本当は早朝に行って見るべきものだったが、翌日の天気予報が雨となっていて既に天気は崩れつつあった。仕方なく予定の前日の夕刻に到着したのだが。

カップルが一組ぐらいだったろうか。ほぼ人がおらず静まり返っていた。


雲海だったら凄いのだろうけど、充分に神秘的でひんやり。
国見ヶ丘_00

国見ヶ丘_01

国見ヶ丘_02

国見ヶ丘_03

国見ヶ丘_04

国見ヶ丘_05

ちょっと怖。
国見ヶ丘_06

国見ヶ丘_07

神の使いと解釈。ましろなぬこ。
この後、霧と共にどことなくすっといなくなってしまったんだ。
国見ヶ丘_08

国見ヶ丘_09


ところで、実家の古いアルバムをめくっていたら父の独身時代の写真を発見。
それがなんと...高千穂峡と国見ヶ丘。
このタイミングで見つけるのか。という驚きと、親子2代で行ったのだという感慨。
古い写真を写メしてみた。父には内緒でちっさくちっさく載せてみた。(©abrazo父)
古い写真って、なんか妙に貴重だなあ。(めっさ曲。)
国見ヶ丘_10
| abrazo0226 | 宮崎県の絶景、名所 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:45 | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
abrazoのTwitter

口蹄疫バナー

このページの先頭へ