その気になるのがみやざき上陸後だった場合。

宮崎県の食、環境、海、人、すべてに惚れ込み、ログを残すために始めた宮崎ラブログ。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
[西米良村]小川城址公園-小川民族資料館
 10月だ。今年も残すところあと2ヶ月だ。もう1回行けるか!?ばかり考えている今日このごろ。


ランチをしたおがわ作小屋村(過去記事)の裏手にある、小川城址公園にある小川民族資料館。

西米良村にて今回自分たちの活動拠点となったこの小川という地区は、元々明治維新までの約200年の長きにわたって米良の中心地なんだそうだ。最後の領主は菊池則忠公。


当時の生活雑貨などがおよそ300点展示されている。
小川城址公園_00

入り口入ると写真が。おぅ。
小川城址公園_01

小川城址公園_02

小川城址公園_03

小川城址公園_05

これは、西郷軍が発行した通貨手形だそう。すげっ。軍票という名称。
小川城址公園_04

昔の写真機と、ネガと思われるもの。
デジ一で撮影されてこの写真機たちはびっくりしただろうなあ。
小川城址公園_07

夜神楽の入り口にも設置されていた縄。いわゆる注連縄なのか?
小川城址公園_06

小川城址公園_08

小川城址公園_09


他にもアイロンやら、生活の息づかいが聞こえてくるようなものが展示されていた。


で、ここへは小さな橋を渡ってきたのだが、
橋ということは、川がつきもの。久方ぶりに大量のアメンボを目にしてビクつく羽目に。
小川城址公園_11

曼珠沙華が大量に咲いていた。それこそ西米良以外でも、いっぱい見たなあ。
小川城址公園_10

小川城址公園_13

小川城址公園_12

小川城址公園_14
| abrazo0226 | 宮崎県の歴史 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
[美郷町]西の正倉院
 宮崎のお客様よりメールが。

件名:夏〜〜の元気なごあいさつ〜〜

非常に元気になりました。


瑣末な事情が重なってブログが・・・若干放置気味に・・・しょんぼり。
これでもまだ、アップし尽くしていない、宮崎情報。

西の正倉院。
奈良正倉院の原寸大複製だそうだ。図面?は宮内庁管轄とても貴重なものらしい。
広い敷地に、どーんとでかくてド迫力。総檜造りでいいにおいがするんだ。

西の正倉院_00

神門神社に集清された鉾。その数1006本!!天井に届きそうなぐらいの量だ。
西の正倉院_03

西の正倉院_01

師走まつり。
西の正倉院_02

唐花六花鏡っていう鏡が有名らしいのだが、、写真撮ってなかった。えへっ。



早く行きたい、宮崎・・。この分だと行けるのは9月だろう。
| abrazo0226 | 宮崎県の歴史 | 11:33 | comments(2) | trackbacks(0) | -
[飫肥城下町]旧山本猪平家
 突如、飫肥に戻る。
ほとんどアップしていたが、まだのものもちらほら。


飫肥の豪商、山本猪平の本宅。


豪商だけあって、敷地面積1100屬涼罎法⊆膕亜⇔イ豌亜台所、浴室、ご不浄などが建築当初のまま残されているのだそうだ。

外観とかも写真撮れてない。いい写真が全然ない。
・・・・。


玄関手前に西洋っぽいタイルが敷かれていたり、例えば美々津のような明らかに時代を感じるほどの古さでないように感じた。当時の建築物では時代の最先端だったんじゃないかなぁ。と思わされる感じ。
旧山本猪平家_00

旧山本猪平家_01

旧山本猪平家_03

旧山本猪平家_02



ここでは、チケットを使って「寿太郎巻」というお菓子をもらう。
日向夏餡だ。うひょ!これまた、おいしいのだ!
旧山本猪平家_04


花より団子、やっぱり食べ物に釣られる・・。
| abrazo0226 | 宮崎県の歴史 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
[飫肥城下町]商家資料館
 飫肥レポートはまだ終わらない。

飫肥の写真を見ていると、とんでもなく極寒だったことが思い出される・・・。ブルルッ。


商家資料館は、飫肥杉を使って建てられたということだ。商人が使っていた約250点の品々がある。
もちろん写真撮影OKだったので、撮らせてもらった。


商家資料館_00

商家資料館_01

商家資料館_02


あーーー時代劇に出てくる感じの・・・そろばんとか、すごい年季が入ってるのだ!!
とはいえ、今の生活には馴染みのないものばかりだった。

全体的に、色が茶系でいい意味で地味だな。木ベースだから?趣があって日本ぽい。
| abrazo0226 | 宮崎県の歴史 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
[飫肥城下町]飫肥城歴史資料館
 飫肥藩の資料が集められた、飫肥城歴史資料館。
こういうとこすんごく好き。
伊東家から寄贈されたもの、およそ220点。


甲冑や刀剣、着物、たくさんある。ちなみに写真撮影も許可されている。

飫肥城歴史資料館_01

飫肥城歴史資料館_05

飫肥城歴史資料館_02

飫肥城歴史資料館_03

飫肥城歴史資料館_06

飫肥城歴史資料館_07

飫肥城歴史資料館_08

飫肥城歴史資料館_09

飫肥城歴史資料館_10


甲冑が驚くほど小さい。
昔の人は小さかったってことなのかな。子供用かなぁ???って思ったけど、全部小さいんだもん。

・・・着てみたいな・・・。
| abrazo0226 | 宮崎県の歴史 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
[飫肥城下町]豫章館(よしょうかん)
 宮崎県には重要伝統的建造物群保存地区が3つある。
日向市の美々津、椎葉村の十根川、日南市の飫肥である。

豫章館_00


飫肥は飫肥藩の城下町であり、藩主は伊東氏。
豫章館は日向飫肥藩の第14代(最後の)藩主で飫肥藩知事の伊東祐帰が移り住んだといわれている屋敷。
豫章館_02

豫章館_04

庭がきれいだ。
豫章館_03

豫章館_05

豫章館_06

豫章館_01
| abrazo0226 | 宮崎県の歴史 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
abrazoのTwitter

口蹄疫バナー

このページの先頭へ